自宅の庭にドッグランを作る1番の目的は、愛犬と一緒に庭で遊びたいから、ということかもしれません。しかしドッグランを作ることには、それ以外にもいろいろなメリットがあるのです。そこで今回は、実際にどんなメリットがあるのかということについて紹介します。

1つ目のメリットは、「愛犬が運動不足になるのを防げる」ということです。毎日散歩に連れて行くことができれば運動不足になることはないのですが、仕事などで忙しくて毎日の散歩が無理ということもあります。それに、飼い主が高齢の場合は、体力的に毎日の散歩が難しいというケースもあるでしょう。ですが、犬というのは適切に運動させないとストレスが溜まったり病気になりやすくなったりするため、運動不足は避ける必要があります。その点、自宅の庭にドッグランがあれば、毎日散歩ができない事情がある人でもワンちゃんを好きなときに遊ばせることができます。

2つ目のメリットは、「室内でケガをするリスクを少なくできる」ということです。室内で犬を遊ばせるとき、フローリングの床だと滑りやすいので、それでケガをしてしまうこともあります。特に小型犬の場合は脱臼しやすいため、実際に室内を走り回ってケガをすることも少なくありません。運動不足を解消させる目的などで好きに遊ばせておいたとしても、ケガをしてしまっては本末転倒です。その点ドッグランなら芝生などで地面を柔らかくしておくことができるので、走りやすいですし、転んでケガをするリスクを少なくできます。

3つ目のメリットは、「庭がスッキリした状態になる」ということです。庭をドッグランにするためには、犬が走り回るのに邪魔なものや危険なものは全て撤去することになるため、見た目がかなりスッキリしたものになります。特に庭全体をドッグランにする場合は、余計なものがなく広々とした感じになるのではないでしょうか。ですので、解放感のある庭がいいという人にドッグランは向いていると言えます。