ガーデンルームの活用方法ですが、ガーデンルームはしくみ的には室内に光を取り入れ植物を飼育することを目的とした住居の一つである程度防水性のようなものがあったり、ビニールハウスのように住居の形をした別室だったりします。その為、ガーデンルーム内に土を引き込むことができるのであれば、畑を作り上げることが可能です。ガーデンルームが今一つ有効活用できない理由の一つは、観葉植物の他、観賞用植物を育てることが多く、そうした植物を管理すること自体につかれてしまうことが多いです。

要は育て上げた見返りとして野菜であれば野菜を取ることができますが、観葉植物や観賞用の植物の多くは見返りを得ることができないです。だったら、ガーデンルームを有効活用させるには畑という選択肢があります。ここで一つ注意すべき点ですが、畑を作らずとも野菜を作ることはできるのではないかという問題ですが、確かに作ることは可能ですが一度に大量に野菜を一か所で育て上げるとなると畑が必要で植木鉢やプランターはあくまで栄養をあまり必要としない野菜しか育てることができず、効率を考えると畑を作るのが一番です。ガーデンルームで畑を作る利点ですが、屋外で畑を作り上げると必ず庭などが畑の候補となると思われますが、害虫やカラスなどが畑を荒らしてしまうため屋外で作るとネットなどを必要とします。

ですが、ガーデンルームであれば屋外に例えガーデンルームがあっても、住居のようにか壁と窓ガラスでおおわれているため、植物が育つことができる室内として機能するためお勧めです。ちなみにですが、ガーデンルームは空気の流れが窓ガラスなどの影響で悪くなり、熱くなった空気が滞留するという問題があります。その為、換気扇を設けて空気を入れ替え温度調整を可能とするようにしないと恐らく熱帯で生息する野菜以外育たないです。ですので、ガーデンルームは野菜以外の植物においても同様のことが言え、温度管理をしないとまずどのような植物を育てても枯れます。