千葉県のエクステリア工事の実績豊富な工務店に頼みガーデンルームは外の景色を見れるような環境を作り、太陽が当たりやすい場所にしました。家族で生活をするときは外の景色を見やすくするとゆったりとくつろぎやすく、窓のサイズを大きくするとおしゃれになります。ガラス張りの家はおしゃれであこがれますが、雨や風が強くなると壊れやすいことがデメリットです。このため、強化ガラスを使うことや厚みを増す必要があり、それなりに費用がかかってしまいます。ルーム周りはおしゃれになるよう洋風の家のような雰囲気を作り、中にテーブルや椅子をおいて外からも見えやすくしました。

室内は太陽が当たりやすくて昼間は照明をつけなくても明るくなり、夜間はオレンジ色の光を照らせば外からの見栄えが良くなります。ガーデンルームの扉は茶色にするとおしゃれになり、天井は透明のアクリル板を使えば明るくなります。しかし、最初から取り付けたため面積を確保すると他の部分が限られてしまい、リビングルームが狭くなるため苦労したものです。ガーデンルームはゆったりとした雰囲気があり、室内に植木鉢をおいて木を植えるとおしゃれになります。また、外にも植木鉢を置くとリラックスできますが、天気が悪くなると中に入れないといけないため苦労しました。

ガーデンルームは家族団らんをするためには最適で、朝起きて快適に目を覚ますために太陽を浴びるとスッキリします。また、外に人工芝を敷けば気分を癒やされて見た目も良くなり、おしゃれな家になって良かったです。室内から外に出るときは扉を付ければすぐに庭に出れますが、門とは逆側にしないと中に入られるリスクもあります。しかし、天気が良いとスッキリとした感じになり、窓を開けて換気もできて良いものです。室内は人と話したり食事をするためには最適で、コミュニケーションをしやすくなるよう活用できます。落ち着いた雰囲気にするためには壁画を飾れば良い感じになり、ゆったりとした気分にできて良かったです。